Hanging the Kajiki (starboard side)

右側のカジキを合わせ終え、船釘を打ち込んでカジキの取り付けは終了です。でもここ数日の製作現場はとても暑くって、ほとんど限界を超えています。疲労も蓄積してくるのでちょっとした失敗や、事故には気をつけなければなりません。もう少し制作者の事を考えた会場設定が出来なかったものかと苦情も言いたくなりますが、すぐに涼しくする名案等無く、とりあえずは完成させなければとの思いで取り組むほかはありません。
夕方になるとバングラデシュの音楽のライブがあります。ファリダ・パルヴィーンさんの歌うラロンの歌は素晴らしく、心にしみいって唯一の救いです。彼らは今日が最後のステージ、明日からはまたあたらしい音楽家達のパフォーマンスに期待です。