Hanging Kajiki

うまく合わさった後はカワラにカジキを船釘で取り付けます。板の中心にうまく船釘が入るように鍔のみを使って穴をあけ、げんのうで強く打ち込みます。戸立ての部分は曲がっていて、少し複雑な角度になっているので板の厚さを考慮しながら角度をうまく合わせて打ち込む必要があります。ミヨシ(舳先)の部分はカジキの端に釘穴を空ける事になるのでカジキが割れたりする事のないように最新の注意が必要です。船の下に潜り込んだり、中腰になったり、楽とは言えない姿勢が続きますが、なんとか無事に釘を打ち終えました。