Monthly Archives: 2月 2013

Organizing timbers to dry

   

Koji Matano, founder of the Wooden Boat Center in Takashima, Japan, oversaw the felling and sawing of three cedar trees and one hinoki.  This is more than enough material for our boat, but we needed to sort the material and stack it for drying. Koji had painted the endgrain with glue and roughly stacked it all before my arrival.  Japanese boatbuilders normally insist on one year of air drying of their timber.  We are pressed for time, and hope that by placing the stacks well off the ground on concrete blocks, plus the breezy location on the shore of Lake Biwa, that we will have dry enough material come July.   Japanese boatbuilders use flitch-sawn material; that is, the log is sliced straight through.  Normally the keel timber is a thick plank taken from the center, and each pair of planks (garboard and sheer) are taken symmetrically from the log either side of the center.  Therefore I had to hunt through the pile, finding appropriate planks for each part, then finding their match for the opposite plank.  I labeled the the names of the parts on the stickers we nailed across the endgrain.

2013年2月6日 木材の乾燥工程  スギの木を三本と一本のヒノキを切り倒し製材しました。私たちの船をつくるのには充分な量です。 必要な木材を選び積んで並べ乾燥させるのが次の工程です。私が到着したときには俣野さんが木口  にボンドを塗りおおかた積み上げてある状態でした。日本の船大工は通常木材を一年間自然乾燥させるこ  とにこだわります。木材を地面から離してコンクリートブロックの上に並べました。琵琶湖畔の風通  しがいい場所なので時間が少なくても7月までにはなんとか乾燥していることでしょう。 船大工は切り出した丸太を端から端まで真っ直ぐ(板目に)挽いた材を使います。普通は船の竜骨部分に真ん中の厚板を用い、ガーボード(竜骨翼板:竜骨の隣についた第一外板)とシアー(舷弧)のそれぞれの対には木の両側の対になる部分の板を使います。そのため材木の山からそれぞれ対照となる板材を見つけ出す必要がありました。各部材の名称を記したステッカーを一対ずつ木口に釘で打ちつけました。

 

Seto Nai Kai Museum (Seto Inland Sea Museum)

     

The Seto Nai Kai Museum is Japan’s oldest boat collection, and what we chose was a type called a tenmasen, or small cargo boat.  The museum has a drawing (on a plank of wood, called an itazu ), and this detailed model of the type.  They also have a mockup of the full-size boat displayed in a boatshop setting, partially assembled, which we measured.  Later I will draw the lines full size (lofting), which is actually not a traditional Japanese method.

2013年2月5日 瀬戸内海歴史民俗資料館 瀬戸内海歴史民俗資料館は、日本で一番古い船の資料館です(瀬戸内地方の漁撈用具や船大工用具5,656点は国重要有形民俗文化財に指定)。今回は、伝馬船(大型船に付属して陸岸との往来や荷役に従事する小型の船)を選びました。資料館には板図(建造平面図)が保管されており、船の詳細が説明されています。また、木造船の実物大模型を実際に見ることができます。今回その計測を行ったので、日本の伝統的手法に基づくものではありませんが、後日図面を製作するつもりです。

 

Meeting with Tsuda san in Naoshima

Tsusa san showing the line of his boat  

On our way to Takamatsu we visited with the last boatbuilder of the region.  Tsuda san is a fourth generation boatbuilder I first met in 2003.  He had a remarkable career building all types of boats.  We had a nice visit and he eagerly showed us photographs of his boats, and gave us advice. He lives on Naoshima, one of the group of small islands that is hosting the artwork in the Festivale.

2013年2月4日  高松に向かう途中、現在では地域で唯一の船大工である津田孝さんを訪ねました。津田さんは4代目で、ありとあらゆる種類の船をつくります。私が津田さんと初めて会ったのは2003年でした。今回、津田さんがつくった船の写真を熱っぽく見せてくれ、多くのアドバイスをもらうことができました。津田さんは瀬戸内海の直島に住んでいます。芸術祭の会場となる島々の一つです。