進水式など

コンピューターが壊れて、さらにはカメラも壊れたのでブログが中断していました。*
完成間近になって倉敷の津田さんを訪問しました。写真を見ていただき、様々の教示をいただきました…なかには作る前に知っておいた方が良かった事もいくつか…完成を喜んでもらい、瀬戸大橋を通って戻ってきました。
船の方は順調に進んで、無事進水式を迎えました。台風が近づいていたにも関わらず、本当に奇跡のような晴れ間の中で、多くの人たちも集まってくれました。日大芸術学部の皆さんに手伝ってもらって神輿のように担ぎ上げられ無事入水です。会期中一緒に過ごした多くのバングラデシュの職人達と友達になった事を記念して船の名前は「朋友丸」と名付けました。いまは市民プール近くの場所に、秋の展示まで置かれて、秋の芸術祭での展示を待っています。

 

 

*) はからめのブログもあわせてご覧になってください。

http://hacarame.com/

Bengal boat launching

ベンガル語ではボートの事をノウカと呼びます。美しいボートの進水式は会場近くのマリーナで行われました。バングラデシュの大使や博物館の人などの挨拶の後、フラムさんの手でテープカットが行われ、ボートは海の上へと滑り出して行きました。私たちも日本の方法でボートを祝福してほしいと頼まれていたので、ダグラスが神妙な顔でお神酒を船にかけ、船の安全を祈りました。

カヌーを海に出してボートの周りを回り、船は代わる代わる幾人かを乗せてハーバーの中を回遊しました。、いつまでも乗っていたいような楽しい気分の中1時間程の進水式は終わりました。

       

Neighbors

私たちの仕事をしているベンガル島にはバングラデシュの工芸家の他にも多くの日本のアーティストたちが作品を作っています。お隣のスキンプロジェクトでは漁師町で集めた廃品を利用してすてきな小物に生まれ変わらせています。ジャンクワークは手当り次第にそこら中にあるもの全てを楽器に作り替えています。毎日鉄を叩く音がするオザワメタルスタジオでは何でもかんでも熱して叩いて、集めて大きな彫刻作品に仕上げています。空中にミニチュア-ノフネが浮かぶ角さんのブースでは鉄でできた廃船が不思議な雰囲気をだだ用早稲ています。編編の西堀さんは竹で編んだシンプルな形を増殖させてベンガル島全体を覆って行こうとしています。

          

Setonaikai Museum

Its been about a week since I put up a posting, but expect a flurry of them now.  Later today we have the launching of the Bengali boat.  Earlier this week we took the Bengali boatbuilders to the Seto Inland Sea Museum, probably Japan’s oldest maritime collection.  The museum is located high on a peninsula with a panoramic view of the Inland Sea.  The collection is fascinating, focusing on the rich traditions of fishing and seagoing trade of this part of Japan.  The lines drawing we are using to build our boat comes from the museum’s collection.

There is an excellent mockup of a boat shop inside the museum, with a partially built boat inside.  Next to the boat is a plank being bent, using the same method we used (note the stone used for a weight), right down to the tin containers for fireboxes.  A series of models shows the steps in building a small boat, as well as an interesting method for bending planks when it is not possible to prop them overhead, or the boatbuilder has large clamps.

Another display shows the steps in sawing between planks to finish the seam, and the use of chisels to cut mortises and pilot nail holes.

One final detail captivated me: in Japanese boats often athwartship beams are tenoned through the hull, shouldered on the inside.  Often the tenons are cut flush and covered with copper (what we will do on our boat) but in larger boats the tenons are exposed slightly and wedged.  I have never seen anything like the wedging of the tenons on one large boat at the museum.  Its really a key, dovetailed in cross section and tapering from top to bottom.  The timber on top is the rubrail, which locks the key in place.

 

           

Uwadana

船縁を作る一番上の舷側版のことをウワダナ(上棚)と呼びます。この伝馬船は舷側板二枚でできているので、カジキのすぐ上にウワダナがつくことになります。ウワダナも木を曲げて作りますが、カジキに比べると曲がりも緩く、ひねりも少ないので板を直接船体にあわせて曲げつけることになります。カジキに比べると作業は簡単そうですが、二対の船梁が間に通る構造になっているのできわめて正確な位置に取り付けなければなりません。ミヨシの溝にきちんと合わさるように型板を使って船首の部分を切りそろえ、あとは直接船体の上であわせていきます。この部分も湾曲しているので一枚の木では足りない部分をあわせて作る事になります。瀬戸内博物館の織野さんが毎日やってきて、資料を見せてくださったり、もう入手不可能な釘を集めてくださったりしています。この日は自らスリノコをとって合わせ目を引く感触を試していました。

 

     

Japanese boatbuilding

One of the things that has struck me about Japanese boatbuilding is the degree to which during the construction of a boat the builder makes changes that deviate from the original drawing.  All my teachers who used drawings worked from a 1/10th scale image.  Scaling from that size is inaccurate, yet the drawings were just a starting point for them; during construction issues would come up with the material and changes would be made on the spot.  The process of sawing to fit planks can also remove more than 1/4” of material.  As a result the final boat could deviate considerably from the measurements first laid down on the wood.
Photos here show my apprentice, Takumi Suzuki, fitting the kajiki with our handsaw, and then cutting the nail holes with a special chisel.  Finally, there are some shots of him driving nails.
In the West boats are generally built around moulds that define the shape exactly.  If the builder is careful in building their mould from the lofting the boat should conform exactly to the plans.  But Western boats are built of thinner and narrower planks for a given size than Japanese boats, and are much easier to force into a particular shape.  The Japanese builder has to struggle to bend thick, wide planking, and it doesn’t always work out the way one might expect.
In our boat I tried to keep the angle of the kajiki consistent with my lofted lines, but at the forward station (called the habadokoro, or “width place”) I just felt we were forcing the planks too much, so I let them stand a bit tall.  Our kajiki are probably 3/8” higher at the chine than designed.
When we hung the second kajiki yesterday I tried to keep the planks at the same angle, but at the aft habadokoro the starboard kajiki stayed a bit low after we nailed it.  I tried propping it higher but decided against putting too much strain on the plank and risking cracking it.  I will try raising one plank and dropping the other.
Again, I saw all my teachers basically abandon their drawings fairly early in the process, opting for sound construction techniques and overcoming unexpected issues.  In this respect Japanese boatbuilding is very improvisational.

 

      

Hanging the Kajiki (starboard side)

右側のカジキを合わせ終え、船釘を打ち込んでカジキの取り付けは終了です。でもここ数日の製作現場はとても暑くって、ほとんど限界を超えています。疲労も蓄積してくるのでちょっとした失敗や、事故には気をつけなければなりません。もう少し制作者の事を考えた会場設定が出来なかったものかと苦情も言いたくなりますが、すぐに涼しくする名案等無く、とりあえずは完成させなければとの思いで取り組むほかはありません。
夕方になるとバングラデシュの音楽のライブがあります。ファリダ・パルヴィーンさんの歌うラロンの歌は素晴らしく、心にしみいって唯一の救いです。彼らは今日が最後のステージ、明日からはまたあたらしい音楽家達のパフォーマンスに期待です。

      

 

Fitting the Kajiki (starboard side)

左舷側のカジキを取り付け、右側のカジキに取りかかります。既に問題点は修正してあるので、より簡単に出来るはずですが、やはり実際に合わせてみるとあわない部分が出てきます。よくよく考えて修正しないと、ある部分をあわせると他の部分で問題が出て来たりする事の繰り返しになってしまいます、ようやく午後遅くにスリノコの作業に到達しました。後は合わせ目を挽いて完全に合わせていく作業です。
昨日今日と気温は高く、作業ブースの近くでは40度ほど。風が死んだ時は大きな扇風機が唯一の頼り、しばらくはこんな作業が続きそうです。

     

Hanging Kajiki

うまく合わさった後はカワラにカジキを船釘で取り付けます。板の中心にうまく船釘が入るように鍔のみを使って穴をあけ、げんのうで強く打ち込みます。戸立ての部分は曲がっていて、少し複雑な角度になっているので板の厚さを考慮しながら角度をうまく合わせて打ち込む必要があります。ミヨシ(舳先)の部分はカジキの端に釘穴を空ける事になるのでカジキが割れたりする事のないように最新の注意が必要です。船の下に潜り込んだり、中腰になったり、楽とは言えない姿勢が続きますが、なんとか無事に釘を打ち終えました。